底地を活用するときはメリットとデメリットをよく考えよう

底地

底地の特徴と投資について

底地とは借地権付宅地の所有権のことをいうのです。所有権には本来、その物を使用、収益、処分する権利が含まれるが底地の所有権者には、このうち直接の使用収益権利がないこととなるのです。底地は借地権がついていることで、権利が制限されます。
土地そのものは、地主の所有物ですが上に土地を借りて住んでいる人がいる限りその人の権利を無視して土地を利用することはできません。1つの土地に対して地主と借地人の両方の権利が入り混じっているため、権利関係がややこしく、とてもやっかいな土地なのです。底地、借地を売買するときの注意点としては、信頼のできる相談先を選ぶこと、実際に売れる価格の査定をしてもらうこと、地主の承諾がとれるのか、承諾の費用はいくらくらいかも把握しておくことなどに注意をしておきましょう。
底地のメリットとしては、安定した収入があります。引き継いだ底地であれば、必ず借地権者さんがいるので、賃貸募集をする必要がありません。また、メンテナンス費用がないのです。建物の管理は借地権者さんが行うので雨漏りなどの建物にかける費用がいりません。そして一時金をもらえることがあるのです。条件によって違いますが、100万円単位の収入があります。

Reccomend Contents

底地経営を狙おう

不労所得は多くの方が憧れるものですよね。不労所得といえば、マンションやアパート経営を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は今、底地経営が高い注目を集めてい…

more

底地について知っておこう

マイホームの購入は多くの人の夢ではないでしょうか。マイホームを探しているとき、土地つきと土地代別の建物があることをご存知でしょうか。土地付きのものは土地と…

more

底地のメリットとは??

狭いと言われている日本には実は持て余されている土地が多数あります。更地のまま誰も使わない土地を保持していても、手入れが大変で放置している方もいるのではない…

more

底地の特徴と投資について

底地とは借地権付宅地の所有権のことをいうのです。所有権には本来、その物を使用、収益、処分する権利が含まれるが底地の所有権者には、このうち直接の使用収益権利…

more